インプラントの手術・治療方法やインプラントの費用についてインプラントにおける歯学博士が詳しく解説。池袋駅徒歩1分

インプラントを知ろう 基礎知識編

  • HOME »
  • インプラントを知ろう 基礎知識編

インプラントとは

インプラントの基礎知識
インプラント治療の手順とポイント
インプラントの構造・材質・形状

インプラントの基礎知識

implant

何らかの理由で歯を失ってしまうと、その歯の数に関係なく、できるだけ早くその部分を人工の歯で補っておかないと、「上手く噛めない」、「上手く話せない」、「歯並びが悪くなってしまう」といった審美的・機能的問題が生じます。
では、このような場合に、どのような治療法をすればいいのでしょうか?
一般的な治療法としては、取り外し式の入れ歯やブリッジで補う治療があります。そして近年、もっとも注目されているものに、第三の治療法として「インプラント(人工歯根)」があります。
インプラント法とは、歯の抜けた部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を植立し、それを土台にして、その上にセラミックの歯を被せる治療法です。まず、顎の骨の中にネジの様な人工の歯根を入れる手術を行い、その後、インプラントと骨がしっかりと結合したのを確認した上で、そこに歯を被せます。
歯の最も重要な役割は、噛む事です。前歯は、食物を切り裂く機能と同時に発音機能と審美的な要素を併せ持ち、奥歯は食物を噛み、砕き、すり潰す機能を持っています。これまでの入れ歯やブリッジでは、噛む事に若干、安定感に欠ける点が指摘されていました。また口臭など、独特の問題もありました。
しかしインプラントなら顎の骨にしっかりと固定されるので、自分の歯と同様の噛む力が取り戻せるのです。

■中間の歯が欠損した場合

従来の治療

≪従来の治療≫
この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。

インプラント

≪インプラントによる治療≫
インプラントの場合は両隣の歯はそのままで、負担もかかりません。

インプラントのもっとも重要なこと

天然歯と同様に、インプラントにも良好な口腔衛生が必要になります。不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因になります。(口腔衛生状態が不十分な場合は、インプラントの治療を行えない事もあります。)
インプラントには神経がありませんので、感染が起こっても自覚がありません。インプラントがグラグラ動いたり、膿が出て初めて気付くのですが、こうなってからでは手遅れです。治療後は歯科医師の指示に従い、必ず定期健診を受けるようお願いします。
良好な口腔衛生を保つには、定期的な検診(通常6ヶ月ごと)を受けることと、毎日のブラッシングとフロッシングが必要不可欠です。特殊なフロスから歯ブラシ、口腔洗浄剤まで様々な口腔ケア用の製品がありますので、口腔衛生を維持するための最良の方法をお勧めします。
良好な口腔衛生を保つことで、あなたの天然歯を強く健康にし、長期に亘ってインプラントの機能を維持させることができます。

次のページ インプラント治療の手順とポイントへ

お電話でのご予約・お問い合わせ TEL 0120-11-8273 [月~金]11:00~21:00 [日曜、祝日]11:00~17:30

アクセス 院長コラム 友だち追加

診療カレンダー

PAGETOP